一日本語教師が見た世界。日々の生活や訪れた場所、異国の人々、授業、学生、食などを感じるままにつづっています。
by momine
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
その他のジャンル
2015年 07月 23日

三日目はのんびり移動(マチュピチュ→オジャンタインタンボ→クスコ)


マチュピチュ村でおはようございます☆
なんとこのホテル、8:30チェックアウトでした~
汽車の時間は10:55。30分前集合だから10:30まで約2時間あります。
ということで、散歩することにしました。
ホテルの前から。このオレンジの橋を渡った右側にゆうべご飯を食べたレストランがあります。
d0115266_11341861.jpg
橋の上から。宿の前を流れるのはアグアス・カリエンテス川。下でもっと大きいウルバンバ川と合流します。
もはやどこにいるのかわからなくなります。ちょっと懐かしい感じ。
d0115266_11341842.jpg
橋を渡って、パチャクテ通りを下っていきます。夜は賑やかですが、朝のこの時間はさすがにまだ静か。
d0115266_11341868.jpg
ずーーっと下っていくと、この村のアルマス広場に到着。
d0115266_11341853.jpg
アルマス広場から、旧アグアス・カリエンテス駅の方へ。昔列車が通っていた名残で、線路が(車両も!)そのままです。
d0115266_11472119.jpg
駅の近く、アグアス・カリエンテス川とウルバンバ川の合流するあたり。
d0115266_11341850.jpg
d0115266_11505192.jpg
マチュピチュまでの道を歩いてみることにしました。まあ、途中までですが。
舗装されていない道をどんどん下って下って。真ん中の山がマチュピチュ山だから、前日インティプンクまで歩いた道から見えたのはこのあたり。マチュピチュ山の下の緑のあたりがハイラム・ビンガムロードで、バスでくねくね通ったあたり。目を凝らすと、バスが何台か通っているのが見えました。
d0115266_11505156.jpg
後ろを振り返ると、村のはずれが。しかし、ホントに山間の村ですね。
d0115266_11505142.jpg
でも、あまり下まで下ってしまうと、筋肉痛の足には帰りの上り坂が苦行に。なので、ほどよい所で折り返して、途中の公園の木陰での~んびり山を眺めました。鳥のさえずりと川の音を聞きながら、とっても贅沢な時間でした。
d0115266_11341824.jpg
d0115266_11505110.jpg
d0115266_12013456.jpg
マチュピチュ、また来たいなぁ。

さて、マチュピチュ駅。またもや私の席は一番前。一人旅って、こういうラッキーままありますよね!
隣は同じく一人旅のアルヘンティーナ。出発まで情報交換やおしゃべりなどして楽しく過ごしました。
d0115266_12061180.jpg
d0115266_12090888.jpg
時間通りに列車は出発。また山々の景色を眺めながら。何度見てもうっとりしてしまいます。
始めは緑豊かな所。
d0115266_12121416.jpg

だんだん、山が緑から茶色に変わっていきます。それにしてもすごい迫力で今にも迫ってきそう。
d0115266_12121420.jpg

途中列車とすれ違ったり。
d0115266_12121481.jpg

ただ、帰りはちょっと違いました。何やら仮面をつけた人が、客席に乱入。イタズラしたり、おどったり。
d0115266_12121413.jpg
それがひとしきり終わると、なんと乗務員さんによるファッションショーが!!!
私は知らなかったんで写真も撮りませんでしたが、結構有名みたいですね、ペルーレイルのファッションショー。
ほぼ毎日やっているのだろうから、慣れているのかと思いきや、特に男性乗務員は着替えるのに時間かかったり、恥ずかしそうにしていたり、客にどつかれたりしていました。そのシロウトっぽさが、逆に初々しくてよかったです。
いつもここで停車してファッションショーをやるのでしょう。ふと外を見ると、お花売りがいました。(窓もドアも開かないからどうやって買うんでしょうか??)
d0115266_12121495.jpg
一段落ついたあたりで、また電車は走り出します。だんだん集落が見え、
d0115266_12121455.jpg
やがてオジャンタイタンボ駅に到着。
d0115266_12121433.jpg
d0115266_12271283.jpg
まだ13:00前だし、このままクスコに帰るのももったいないので、オジャンタイタンボの町へ行くことにしました。ここには有名な遺跡もあるので(それは後日入園チケット買ってくる予定)、外からちらっと見るだけでもいいですし。隣の席だったアルヘンティーナがちょうどここに滞在しているらしく、途中まで同行してくれることに。
駅から伸びている道をまーっすぐ行くだけ笑(前を歩いているのがアルヘンティーナ)
d0115266_12291572.jpg
わかりますか?上の写真の山の中腹に遺跡があるのを。これは有名な方の遺跡ではなく、無料で登れる方。
だいたい10分ぐらい歩いたでしょうか。90度曲がってこの坂を上ると町の中心、アルマス広場へ。
d0115266_12291520.jpg
反対側にはオジャンタイタンボの(有名な方の)遺跡。今日は上の写真の坂の上からパシャ。
d0115266_12291522.jpg
アルマス広場に面しているレストランに陣取り、ここでランチをとることに。
d0115266_12413908.jpg
レストランからの眺め。さっきの遺跡の山がよく見えます。
d0115266_12291471.jpg

よーく見ると、山を登って遺跡へ向かっている人発見!
d0115266_12413881.jpg
d0115266_12413982.jpg
私も登ろうかとも考えたのですが、筋肉痛&暑さで、眺めるだけにしました笑
彼らのほかにも何組かいましたが、みんななかなか一番上の遺跡まではたどり着けず。
一人だけ、一番上まで行った人がいました。ブラボー!!

さて、今日のランチは、この辺りはマス料理が有名とのことで、それと、あと昼からピスコサワー♪
調子に乗ってますね☆
d0115266_12291554.jpg
その後、少し町をブラブラ。路地が3つ4つあるだけの本当に小さい町・・・というか村で、ここもとってもかわいい。今度はこの町に一泊してもいいですね。
d0115266_12523455.jpg

そうそう、今回私が利用したのはペルーレイルのビスタドームでしたが、もう一つインカ・レイルという鉄道会社もあります。インカレイルの始発はここオジャンタイタンボ。次はそれを利用するのもありですね。料金表がありました。
d0115266_12574982.jpg
さて、15:00ぐらいにマチュピチュから着く列車があり、その乗客を狙ってクスコ行のコレクティーボが出るはず。と思って駅へ向かうと、やっぱり客引きに合いました。来るときは20ソレスだったから、それ以下のあるかな~と思っていたら、いきなり半額の「10ソレス(300~400円)でどうだ!」とおじさん。もう、なにが相場なのかよくわかりません。ええ、もちろん悩まずに乗り込みました。
あとで分かったのですが、何も駅まで行かなくても、さっきまでいたアルマス広場にいればバスが来たんですね。まあ、ちょっとした運動、腹ごなしだったということで。

今回はすぐに客が集まり、あまり待たずに出発。今日も満員御礼12人乗り♪
d0115266_13064913.jpg
途中、ウルバンバ高原を走るルートのようです。
d0115266_13055241.jpg


いざ、山のぼり開始!
d0115266_13055215.jpg
ぐんぐんジグザグに登っていき、あっという間にさっきまでいたところが下に。
d0115266_13055236.jpg
まだまだ上ります。
d0115266_13055285.jpg

d0115266_13055242.jpg
そして高原。高原ドライブは気持ちがいいですね☆
d0115266_13055169.jpg
d0115266_13055147.jpg
はるか向こうには湖が見えます。後で調べたところ、「ウアイポ湖」というそうです。
d0115266_13055119.jpg
だんだん集落が見えてきました。ちょっと寂れた印象。
d0115266_13055131.jpg
ここから後は、ひたすら下ります。
d0115266_13055172.jpg
d0115266_13150902.jpg
そして、クスコに到着。だいたい17:00ぐらいだったような。サン・フランシスコ教会前でバスを降りました。ちょうど教会前の広場では、子供たちが来週の独立記念日に向けて踊りの練習をしていました。
d0115266_13252057.jpg
ちょっとしたフェリアも開かれていました。
d0115266_13252072.jpg
しかしクスコ、空気が薄い!それもそのはず、マチュピチュ村の標高2400m、オジャンタイタンボ2750m、クスコ3400mで、朝いたマチュピチュ村と1000mも違うんです!
薬は8時間置きに飲んでいたのですが、ここに来ていきなり、頭痛と吐き気が・・・。
まだ明るいし、タクシー捕まえる方がしんどいし、初日の街ブラで道もある程度わかるので、ホテルまではがんばって歩いて行くことにしました。

さて、今日から二晩お世話になるのは「munaycha casa hospedaje(ムナイチャ・カサ・オスペダヘ)という宿。住所はわかるのですが、道からはわかりにくかった!なんと学校の玄関の門をくぐって、いちばーん奥の中庭だったんです。迷っている私に、偶然帰ってきた宿泊客が教えてくれました。よかった・・・
中庭への通路を利用した玄関&受付。
d0115266_13404448.jpg
ホテルの中庭がかわいい!
d0115266_14044125.jpg
d0115266_13415063.jpg
部屋の前から
d0115266_13452711.jpg
今回の部屋。今回の滞在先の中で一番広くてベッドがフワフワそう♪
d0115266_13363892.jpg
d0115266_13363880.jpg
窓からの景色もなかなか。
d0115266_13452712.jpg
そして夜景がきれい☆
d0115266_13363877.jpg
d0115266_13363876.jpg


[PR]
by momine2 | 2015-07-23 22:50 | ペルー 旅行
2015年 07月 22日

二日目番外編 マチュピチュ村ナイト

マチュピチュ番外編です。
今日滞在するマチュピチュ村。山間の小さくて素朴な村です。
d0115266_09092132.jpg
マチュピチュ村の駅の名前は「アグアス・カリエンテス」温泉といいます。その名の通り、温泉があるんです!
私の旅行計画では「夕方明るいうちに温泉行ってあったまってぇ~、足疲れてるだろうから、インカマッサージ受けてぇ~、そして晩ごはん!もちろんビールだよね~」となっていました。

ホテルに戻り、温泉に入るために水着を着こみ、タオルなどを持っていざ温泉へ!坂を上りきったところに、ありました。温泉の表示。
d0115266_09094556.jpg
そして受付。ここでお金を払います。一人10ソレス(約300~400円)。
川沿いをさらに歩くこと5分。見えてきました温泉!!
でも・・・
d0115266_09094554.jpg
なんか、すごい人・人・人・・・・。イモ洗いという尾はこういうことなんじゃないでしょうか?
水も汚い・・・(泣)
入るのやめようかな~、とも思ったのですが、もうお金を払ってしまったし、払ったお金は戻ってこないだろうし、コスタリカでは泥水温泉にも入ったわけだし、ここはネタとして入っておこうか、と、突き進みました!

ちゃんと入りましたよ。でも3分が限界でした。
なぜかというと、お湯ではなくて、ぬるま湯?水?とにかく、あったまるどころか、外に出たら寒くて震えてしまいました。もともとの水温がそうなのか、それとも人がこれだけ入ったからぬるくなってしまったのか、それはわかりませんが、とにかく入った。ということで、既成事実はできました笑

そして帰り道。繁華街パチャクテ通りをブラブラ。
d0115266_09094547.jpg
結構マッサージの勧誘があります。
温泉に向かう時からちょっと調べながら行ったのですが、私は「NATURA SPA」にしました。
理由は、タイマッサージ(大好き!)ができるというのと、値段が一番安かったからです。
結局タイマッサージとインカマッサージのミックスで1時間半でお値段$21にしてもらいました。
(タイマッサージ1h$17、インカマッサージ1h$15)

タイマッサージだったか?と言われると、たぶん違うと思います。というか、ホットストーンマッサージもなぜかしてくれました。でも、とにかく思っていたより上手だったし気持ちよかったので満足です♪
「NATURA SPA」はパチャクテ通り沿いに2つありますが、ウィラコチャ通りとの角にある方がおススメです。
予約もOK!(メアド:drisnaturaspa@gmail.com)。

マッサージのDorisさんに近くに安ウマレストランがないか聞いたところ、ホテルから一番近い橋を渡ってすぐにあるお店を紹介してくれました。その店はPollo a la brasaという鳥の焼いたのが売りですが、Cifaといって中華とペルーのフュージョン料理も食べられるそうで、そこに行ってみました。
d0115266_09092251.jpg
たしかに中華っぽいメニューがたくさんあり、値段もお安い!
私は楽しみにしていたビールと、ミックス何チャラを頼みました。(そしたらスープも付いてきました。)
d0115266_09111091.jpg
この野菜の下には麺があります。すごいボリュームで、全部食べられませんでした。

帰って、お風呂にも入らず(いや、温泉に3分入りました!)寝ました。
最後に今日のホテルです。「Denny's house」シングル1泊$20。
隙間がいっぱいあるのか、階段の上り下りとか、廊下で話す声とか結構響くので、1泊だけならOKですかね。
d0115266_09092279.jpg

d0115266_09092284.jpg

[PR]
by momine2 | 2015-07-22 22:02 | ペルー 旅行